浴室・洗面所・WC

洋式便器を交換したい 【一戸建て・マンション共通】

 
トイレの改築は、リフォームの中で最も数の多い工事の一つと言われています。ここでは、その中でも最もスタンダードで
ご要望も多い「洋式便器の交換」の概算金額をご紹介致します。

プラン① 【余計な機能はいらない!排水芯の位置もぴったり!低コストの条件が揃ったトイレ】
説明 : とにかく金額重視の賃貸などにお勧めのプランです。ただし、このグレードは上記で説明しましたリフォーム専用の
    便器がありませんので、既存便器と新規便器の排水芯の一致が前提となります。一致しない場合はプラン②の一つ
    上のグレードのリフォーム専用便器(ウォシュレット無しに変更可能)で交換した方が結果的に工事費が抑えられる形
    となります。
■便器 ( 普通便器 / 防露タンク 手洗い無し / 普通便座 ) + 紙巻器
     ・・・4~5万円位
■工事費 ( 既存便器取り外し処分 / クッションフロアー張替 / クロス張替 / 便器取付 )
     ・・・6~8万円位 
以上を合計しまして、10~13万円位となります。
 
 
プラン② 【予算もあるけど節水や掃除の手軽さも大事!リフォーム専用便器を利用したベーシックトイレ】
説明 : コーティングや結露防止などの衛生面とウォシュレット(スタンダードグレード)などの機能面が備わったプランです。
    リフォーム専用便器を利用しておりますので床の解体が不要となり、価格面にも配慮した人気のプランです。
■便器 ( リフォーム専用便器 防露・節水・縁なし・コーティング便器 / 防露・コーティングタンク 手洗い有り / 操作部分一体
    型ウォシュレット )+ 紙巻器 + タオル掛け
    ・・・13~15万円位 
■工事費 ( 既存便器取り外し処分 / クッションフロアー張替 / クロス張替 / 便器取付 / 洗浄便座取付 )
    ・・・7~9万円位 ( 室内にコンセントが無い場合は、別途電気工事が3万円位の加算となります。) 
以上を合計しまして、20~24万円位となります。 
 
 
プラン③ 【「プラン②」からウォシュレットを更に機能向上!リフォーム専用便器を利用した快適トイレ】

説明 : 「プラン②」で選んだスタンダードグレードのウォシュレットをグレードアップしたプランです。追加機能としては、一体
    型だった操作部分が壁付けのリモコンとなり、ウォシュレットが縁なしのスッキリデザインに。洗浄機能や衛生機能
    も追加されております。
■便器 ( リフォーム専用便器 防露・節水・縁なし・コーティング便器 / 防露・コーティングタンク 手洗い有り / 壁付けリモ
    コン型ウォシュレット )+ 紙巻器 + タオル掛け
    ・・・16~18万円位 
■工事費 ( 既存便器取り外し処分 / クッションフロアー張替 / クロス張替 / 便器取付 / 洗浄便座取付 )
    ・・・7~9万円位 ( 室内にコンセントが無い場合は、別途電気工事が3万円位の加算となります。) 
以上を合計しまして、23~27万円位となります。 
 
 
プラン④ 【スタイリッシュなデザインのタンクレス便器に!リフォーム専用便器を利用したこだわりのトイレ】
説明 : 従来では当たり前だったタンク部分がなくなり、トイレが広く利用できる様になった商品です。タンクがなくなった事に
    加えて、壁付けリモコンタイプのウォシュレットが一体型となっており、シャープでスタイリッシュなデザインも特徴。
    もちろん機能面も充実したこだわりのプランです。ただし、タンクがなくなった事で手洗器もなくなっていますので、ご
    注意下さい。
■便器 ( リフォーム専用 タンクレス ウォシュレット一体型便器 手洗い無し 水圧による設置制限有り※) + 紙巻器 +
    タオル掛け
    ・・・19~22万円位
■工事費 ( 既存便器取り外し処分 / クッションフロアー張替 / クロス張替 / 便器取付 / 洗浄便座取付 )
    ・・・7~9万円位 ( 室内にコンセントが無い場合は、別途電気工事が3万円位の加算となります。) 
以上を合計しまして、26~31万円位となります。 
※マンションやビルの階上の場合、水圧の問題で設置が難しい場合がございます。

 
 
プラン⑤ 【「プラン④」だと水圧で設置条件がクリアできない!リフォーム専用便器を利用した階上用のトイレ】
説明 : プラン④の商品ですと、一戸建ての2階やマンションの高階層、更には築年数が経過して配管が古くなっている場合
    などの低水圧の場所では設置ができません。そこでこちらの水圧による設置制限の無い商品が開発されました。
    今までタンクレスが設置できなかった場所にも設置可能となった、床工事不要のリフォーム専用便器です。
■便器 ( リフォーム用 タンクレス ウォシュレット一体型便器 手洗い無し 水圧による設置制限無し) + 紙巻器 + タオル
    掛け
    ・・・27~30万円位
■工事費 ( 既存便器取り外し処分 / クッションフロアー張替 / クロス張替 / 便器取付 / 洗浄便座取付 )
    ・・・7~9万円位 ( 室内にコンセントが無い場合は、別途電気工事が3万円位の加算となります。) 
以上を合計しまして、34~39万円位となります。 
 
 
プラン⑥ 【プラン④に手洗器も設置したい!こだわりのトイレ】
説明 : タンクレストイレの場合、タンクがなくなることで従来はそこに付随していた手洗いもトイレ室内から無くなってしまい
    ます。そこでこちらは「プラン④」に別途コンパクトな手洗器を設置した場合のプランなっております。手洗器に新たな
    配管をつなぐ工事において床を一度解体しますので、ここではリフォーム専用ではく、本体価格の少し安い排水芯が
    限定された便器を選定しております。
■便器 ( タンクレス ウォシュレット一体型便器 手洗い無し 水圧による設置制限有り※) + ハンドル式コンパクト手洗器※
    + 紙巻器 + タオル掛け
    ・・・23~26万円位

■工事費 ( 既存便器取り外し処分 / 既存床面解体処分 / 配管移動・延長工事 / 木工事 / クッションフロアー張替 /
    クロス張替 / 便器取付 / 洗浄便座取付 / 手洗器取付 )
    ・・・16~19万円位 ( 室内にコンセントが無い場合は、別途電気工事が3万円位の加算となります。) 
以上を合計しまして、39~45万円位となります。 
※マンションやビルの階上の場合、水圧の問題で設置が難しい場合がございます。
※構造上によっては、排水配管のつなぎが難しく手洗器の設置ができない場合もございます。 
 
 
プラン⑦ 【高グレードタンクレス便器&周辺システムも充実させたい!機能充実な贅沢トイレ】
説明 : 階上制限のない機能充実のタンクレストイレに加え、便器周りの周辺システムもキャビネット付きの手洗器や鏡、
    手摺の設置など贅沢な機能のプランとなっております。
■便器 ( タンクレス便器 ウォシュレット一体型 手洗い無し 水圧による設置制限無し オート開閉 ) + 化粧鏡 + 手摺
    + 下部収納&カウンター付き手洗器(自動水栓) + 二連紙巻器 + タオル掛け
    ・・・43~47万円位 
■工事費 ( 既存便器取り外し処分 / 既存床面解体処分 / 配管移動・延長工事 / 木工事 / 電気工事 / クッションフロ
    アー張替 / クロス張替 / 便器取付 / 洗浄便座取付 / 周辺システム取付 )
    ・・・19~23万円位
以上を合計しまして、62~70万円位となります。 
※構造上によっては、排水配管のつなぎが難しく手洗器の設置ができない場合もございます。
 
 
以上が「洋式トイレ交換」の概算費用紹介となります。
ご覧の様にトイレのリフォームは商品選定など、とても複雑になっております。この他にもご紹介しきれていないケースとして、壁排水式の便器や背面カウンタータイプの便器などもございます。ご検討の際は、是非一度ご連絡下さい。

 

 

浴槽(据え置きタイプ)を交換したい 【一戸建て・マンション共通】

■「リフォームモデル」 
・浴室の広さ「0.75坪」 ( 1間×4尺5寸、1820mm×1364mm )
・浴槽サイズ「W1000mm×D750mm」
・床はタイル仕上げ。壁は床から高さ1200mmまでタイル、それより上は塗装仕上げとします。
・浴槽の隣には、シャワーンのついた追炊きのできる「バランス釜」が設置してあるものとします。 
 
浴槽交換における価格の内訳については、大きく分類しますと「浴槽本体価格」+「浴槽設置に伴う工事費」となります。
 
■「浴槽商品価格」 ※メーカー希望小売価格から、お値引き後の価格となっております。
・浴槽本体につきましては、W1000mmサイズの場合、基本的にはFRP素材の浴槽が主流となります。金額としましては下記仕様で、5~6万円位となります。
 【FRP素材/チェーン付きゴム栓/風呂ふたセット/エプロン二方全(※)】
※「エプロン」とは、メンテナンスを目的として浴槽外側の側面が取り外し可能となっているタイプです。二方全とは、壁と接し
 ない2方向の側面がエプロンとなっていることを差します。 
 
■「浴槽設置に伴う工事費」 
工事費につきましては、
①既存の浴槽を撤去処分する工事
②浴槽とバランス釜を接続する配管工事
③新しい浴槽を設置する工事
これらがまず必須工事となります。金額としましては、合計で4~5万円位となります。尚、現場の階数やエレベータの有無によっては、別途搬入搬出費などの費用が1~2万円ほど必要となる場合がございます。

 
また、せっかく浴槽も綺麗になりますし、浴槽内のタイルやりかえ等を一緒に行うお客様も少なくありません。
ここでは参考としまして、今回の「リフォームモデル」の浴室の場合ですと、それぞれ浴室内のリフォームにどの程度費用がかかるかをおおよそとなりますが、部位ごとに算出させて頂きます。
 
・床面と壁面(下部)のタイル工事・・・ 床は既存タイルの上に直張り、壁は既存タイルを剥がして張りかえるとしますと、18~25万円位となります。(壁の張替えに伴い、既存バランス釜の交換か、あるいは一時的な取り外しが必要となります。)
・天井と壁面(上部)の塗装工事 ・・・ 4~6万円位となります。
・バランス釜の交換工事     ・・・ 容量等にもよりますが、15~17万円位となります。

 
ご紹介致しました「浴槽本体価格」と「浴槽設置に伴う工事費」をそれぞれお客様のご希望に合わせて合計の上、参考にして頂ければと思います。浴槽交換のみでしたら十数万円から、浴室内全体的にやりかえると50万円以上となってくる場合もございます。

 
 
その他にも浴室ドアの交換や照明器具の交換、壁をユニットバスの様なFRP素材へ変更する等の方法もございます。プランによっては、バランス釜の設置場所が移設できる前提にはなりますが、ユニットバスへの改築が良い場合もございます。
詳しくは、お客様とお打合せをいさせて頂いた上で、ご予算とご希望にあわせたご提案ができればと思います。 

営業時間

9:00~18:00 

 

お問い合わせ

TEL: 052-800-5737

FAX: 052-800-5738

お問合わせはこちらから